アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ニキビ跡の色素沈着はピコレーザーで改善できる?注意点も紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

ニキビ跡の悩みには、さまざまな美容医療でアプローチできます。

なかでも、ダウンタイムが軽く痛みが少ない「ピコレーザー」がとくにおすすめです。

ピコレーザーは肌深部に働きかけることで、色素沈着の改善効果が見込める施術です。

本記事では、ピコレーザーについて詳しく解説します。

あわせてセルフケア方法も紹介するので、ニキビ跡の色素沈着を改善したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、色素沈着を伴うニキビ跡の改善に効果が期待できるレーザー治療を実施しています。
ピコフラクショナル・ピコトーニング・ピコスポットのうち、患者様に最適なモードで治療を行うため、安心してご来院ください。

そもそもピコレーザーとは


ピコレーザーとは、1兆分の1秒のピコ秒単位という短い頻度でレーザー照射ができる、レーザー機器です。

肌に与えるダメージを最小限に抑えながら、色素沈着やシミを改善する治療法です。

以下の4つの項目に分けて、ピコレーザーとはどのような治療法なのか解説していきます。

  • 3つのモードが搭載されているレーザー機器
  • 複数回の治療が必要
  • ダウンタイムが軽い治療
  • 痛みが少ない

ニキビ跡を薄くしたい方は、ピコレーザーの特徴やダウンタイムについて知識を深めておくと良いでしょう。

3つのモードが搭載されているレーザー機器

ピコレーザーは、以下の3つの照射モードが搭載されています。

  • ピコフラクショナル
  • ピコトーニング
  • ピコスポット

それぞれレーザーの照射方法や特徴が異なるため、肌悩みに合わせた適切な照射モードを選ぶことが重要です。

ニキビ跡の中でも、クレーター状のニキビ跡には肌の活性化を起こすピコフラクショナルが、色素沈着として残ってしまった色味にはピコトーニングが向いています。

一例ですが、シミと思っていたものが肝斑だったというケースもあります。

肝斑の場合は低出力のピコトーニングで治療可能なため、複数回治療をしていくことで改善が期待できます。

このようにピコレーザーはシミの種類や深さなど十分に見極められる医師の技術が必要な治療法であるため、信頼できるクリニックを見極めて治療を受けましょう。

複数回の治療が必要

ニキビ跡の色素沈着治療は、ピコトーニングで治療することが多いです。

全体のシミ・くすみを改善することはできるものの、1回の施術で完全にシミを消すことは難しいです。

シミの程度によって異なりますが、複数回の治療が必要です。

ニキビ跡の色素沈着の場合、一般的に5回から10回の治療が推奨されています。

1回の治療にかかる時間は15分から30分程度と短いため、仕事帰りや空き時間にも通いやすいです。

効果が実感できるまで、焦らずに継続しましょう。

カウンセリング時に、何回くらい治療が必要か確認しておくことで、見通しを立てやすくなります。

ダウンタイムが軽い治療

ピコトーニングは、ダウンタイムが軽い治療法です。

治療後問題がなければ、すぐにメイクをして帰宅できます。

保護テープを貼ったり軟膏を塗ったりする必要もありません。

かさぶたができた場合は無理に剥がさず、自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう

また大きな制限はなく、シャワーも当日から可能です。

ただし、治療部分は一時的にデリケートな状態であるため、擦ったり圧迫したりするのは避けてください。

過度な飲酒や激しい運動は新たな肌トラブルを招く恐れがあるため、できるだけ落ち着いて過ごしましょう。

このようにピコレーザーは施術後すぐに日常生活に戻れるため、仕事や育児に忙しい生活を送る人にも適しています。

痛みが少ない

ピコトーニング治療は痛みが比較的少ないとされています。

しかしゼロではないため、痛みが心配な場合は麻酔クリームを使用することができます

ただし麻酔クリームを使わない方針の美容クリニックもあるため、事前に確認しておきましょう。

ピコレーザーの注意点・リスク

ピコトーニングは、シミの種類や深さに応じて複数回治療が必要な治療法です。

1回で十分な効果を実感できることは稀で、5〜10回程度治療を受けることをおすすめします。

また以下に該当する方は、治療を受けられない場合があります。

  • 妊娠中・授乳中
  • 照射したい部分に傷がある方
  • ケロイド体質の方
  • 日焼けをしている方

ほかにも持病をお持ちの方や継続的に服薬している方は、医師に申告してください。

治療できるか判断を行いますので、トラブルを招かないためにも、忘れずに伝えましょう。

レーザー治療以外でニキビ跡の色素沈着を薄くする方法

レーザー治療以外で、ニキビ跡の色素沈着を薄くしたい方は以下を試してみるのも良いでしょう。

  • 紫外線対策を徹底する
  • 入念な保湿ケアを行う
  • できるだけ顔を触らない

それぞれ詳しく解説していきます。

紫外線対策を徹底する

紫外線は色素沈着を悪化させる要因の1つです。

そのため日常的に紫外線対策を徹底し、習慣づけるのもよいでしょう。

たとえば、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗布し、帽子や日傘を活用して物理的に紫外線をカットするのも効果的です。

特に紫外線が強いと感じたときは、日焼け止めをこまめに塗布することで、紫外線から肌を守れるでしょう。

入念な保湿ケアを行う

肌の乾燥は色素沈着を目立たせる原因となりかねません。

そのため入念な保湿がおすすめです。

たとえば、ヒアルロン酸やセラミドを含む保湿剤を使用して適切な保湿ケアを行うことで、肌を健康に保てるでしょう。

できるだけ顔を触らない

顔を触ることで、手に付着した雑菌が新たな肌トラブルを引き起こす可能性があります。

手を清潔に保ち、できるだけ顔を触らないよう心掛けることが大切です。

また、どうしても気になる場合は、鏡を使って肌の状態を目視しましょう。

ニキビ跡の悩みはアリエル美容クリニック大宮院にご相談ください

ニキビ跡の色素沈着を改善したい方は、アリエル美容クリニック大宮院にご相談ください。

大手美容クリニックで経験を積んだ医師が、患者様一人ひとりの肌状態に合わせた効果的な治療計画をご提案します。

尚、当クリニックでは安心の保証制度を設けております。

治療後の経過やリスクに対する説明も丁寧に行います。

治療後は納得いくまで医療スタッフがサポートしますので、ぜひカウンセリングに起こしください。

【まとめ】ニキビ跡の色素沈着はレーザー治療で改善が見込める


日常的に紫外線対策や保湿ケアを行なっているにも関わらず、あまり改善が見込めない場合は、レーザー治療を検討してみるのも手段のひとつです。

ピコレーザーはニキビ跡の色素沈着の改善が期待できる治療法です。

ただし、シミの種類を見極める医師の技量が欠かせないため、信頼のおける医師のもとで治療を受けましょう。

ニキビ跡の色素沈着が気になる方は、ピコレーザーを検討してみてはいかがでしょうか。